査読

査読について

ジャーナルが優れた科学的業績を掲載するために査読があります。査読は、科学界全体にとって有益なものです。

論文は査読でリジェクトされる場合もあるので、査読プロセスに気後れを感じる研究者もいるでしょう。レビューと修正は掲載までのプロセスの一環であること、また論文の質の向上に実際に役立っていることを覚えておきましょう。

査読は肯定的なプロセス

査読は科学論文の発表にとって不可欠のプロセスであり、報告された科学的内容の妥当性を保証するものです。査読者はジャーナルの掲載論文の質を高めるために無償で時間を割く専門家であり、無償で論文の著者に助言を与えてくれます。

査読プロセスを通じて、論文は次のように改善されます。

  • より頑健に:査読者は、論文中の説明不足の個所やさらなる実験を必要とするような欠落箇所を指摘してくれる。
  • より読みやすく:査読者は、論文に理解しづらい箇所があれば修正できるように指摘してくれる。
  • より有用に:査読者は、同じ研究領域の研究者にとって、その論文が重要であるかを検討してくれる。

無論、著者に助言を与えるだけでなく、ジャーナル掲載論文の質を高く保つことも査読の重要な目的の1つです。ジャーナル掲載論文の質の低さが目立つと、ジャーナルの評判が落ち、読者数が減ってしまいます。

編集者のリジェクト

投稿した論文は次の理由でリジェクトされることがあります。

  • 構造が不適切である
  • 読者が分析を理解するために必要な詳細情報が不足している
  • 新しい科学的知見がない
  • 研究結果のどの部分が新しい科学的知見なのか、これまでの知見と比較した説明がない
  • 最新の参考文献が欠けている
  • 研究のデータ、議論、情報からは裏付けできない理論、概念、結論が提示されている
  • 他の研究者が実験を再現するのに必要な詳細情報が不足している
  • 次の詳細な情報や説明が不足している。
    検証した仮説
    実験計画
    標本特性と記述統計
  • 実験計画が不十分、または統計解析が誤っているもしくは不十分
  • 言語の質が低い

論文が掲載されるまでの道のりは厳しいものです。ですから、編集者および査読者の両者からリジェクトされたとしても、その論文を再投稿するつもりで構えておきましょう。そうかと言って、あまり固執しすぎてもいけません。1度回答レターで投稿論文について説明すれば、レビュー(編集者および査読者による査読)の各段階を通過するのが一般的です。回答レターを出してもアクセプトされない場合は、別のジャーナルへの投稿 を前向きに検討しましょう。

修正

論文の修正や査読者コメントへ回答する際には次のことに留意しましょう。

  • 編集者や査読者が指摘した項目にはすべて答える。
  • 回答レターで論文の修正箇所を説明する。
  • 査読者が勧める追加の実験や分析を実施する(追加の実験や分析の実施が論文の改善につながらないと判断する場合は、回答レターでその理由を説明する)。
  • 同意できない指摘事項やコメントに対しては、丁寧にかつ科学的に反論する。
  • レターの中では、査読者コメントと自分の回答を区別して表示する。
  • 本文中の大幅な修正箇所は明確に示す(変更箇所はフォント色を変えたり、ハイライト表示したり、またはMicrosoft Wordの変更履歴記録機能を使う)。
  • 編集者が指定する期限内に、修正済みの論文および回答レターを返送する。

Examples:

査読者コメント: "In your analysis of the data you have chosen to use a somewhat obscure fitting function (regression). In my opinion, a simple Gaussian function would have sufficed. Moreover, the results would be more instructive and easier to compare to previous results."

査読者コメントに同意する場合の回答: "We agree with the reviewer's assessment of the analysis. Our tailored function does make it impossible to fully interpret the data in terms of the prevailing theories. In addition, in its current form, we agree it would be difficult to tell that this measurement constitutes a significant improvement over previously reported values. We have therefore re-analyzed the data using a Gaussian fitting function."

査読者コメントに同意しない場合の回答: "We agree with the reviewer that a simple Gaussian fit would facilitate comparison with the results of other studies. However, our tailored function allows for the analysis of the data in terms of the Smith model [Smith et al, 1998]. We have added two sentences to the paper (page 3, paragraph 2) to explain the use of this function and Smith's model."

いずれのコメント(同意、不同意)においても、著者の対応は丁寧であり、かつ査読者の意見を尊重している点に留意します。また、同意するしないに関わらず、著者は論文を修正し、査読者の質問に答えています。

査読者は見識のある人物であることを覚えておいてください。査読者の提案が正しくない場合、論文内容が誤解されている可能性があります。すなわち、文章が明確でないことを意味します

エダンズ回答レターテンプレートを使うと回答レターの作成が容易になります。

Submit a manuscript Sign up for article alerts